コンテンツ

コンテンツ

三重県立飯野高等学校
同窓会

〒516-0803 三重県鈴鹿市三日市町
東新田場1695
Tel. 059-383-3011
Fax. 059-383-1158

[同窓会への連絡について]

電話かFAX・郵便での受付に
なります。
「同窓会宛」と明記してください。

※サイトに掲載されている記事等は、当同窓会が独自に判断し、掲載しているものです。

コンテンツ

思い出の飯野高校

HOME思い出の飯野高校

一覧を表示

学校案内

応用デザイン科

モノを創ること、自分を創ること

応用デザイン科は、あらゆる造形表現活動を通して自己実現をはかり、県内唯一の美術・デザイン専門学科としての特色を生かして、社会で自立して活動でき、社会に貢献できる人材を育成します。

学習内容

本科では1年生で全員がデザインと美術の基礎を学びます。2年生からは、それぞれの適正、興味、進路に応じて、「商業デザイン」「服飾デザイン」「コンピューターグラフィックス」「美術(油絵・日本画・彫刻)」のコースに分かれて専門的な学習をします。
3年生では各コースごとに、より専門性を追求し、最終的には各自が3年間の総まとめとして作品を作り、卒業制作展を行います。一般の高等学校と違う点は、美術及びデザイン関係の授業時間数が1年生で8時間、2年生で12時間、3年生で12時間もあり、少人数で行われるため設備を有効に利用して学習できることです。また、油絵、日本画、彫刻、デザイン、服飾、コンピュータグラフィックなど、それぞれ専門分野の先生方に指導を受けることができ、内容の充実した幅の広い実習を体験することができます。

商業デザインコース

基本造形などの学習をもとに、色彩構成、イメージ構成の実習を通しイメージやコンセプト等についてさまざまな角度から理解を深め、デザインの基礎要素を身につけます。ほかに素描や精密描写等を学習します。
卒業制作作品に向けて色彩構成、イメージ構成などの実習を通し、より深く造形にかかわる学習を行います。

コンピューターグラフィックスコース

画像処理ソフト、デザインソフト、3Dソフトによるコンピューターグラフィックスの基礎的な学習を行い、平面構成、立体構成の作品を制作します。応用力、創造力を高め、卒業制作に向けてテーマに基づく作品を制作します。

服飾デザインコース

染色と手織の基礎知識を習得し、その実習を行います。被服製作では、型紙制作をはじめ、基礎知識を習得し、ブラウス、パンツ、ジャケット等の実習を行います。
服飾史、ファッション画、ピンワーク、地場産業である伊勢型紙などの学習を含め、染色と被服製作についての総合的な学習を行います。

美術コース

油絵、日本画、彫刻の3専攻に分かれます。専攻ごとに道具、材料の扱い方を学び、実習、作品制作を行います。共通の部分として、石膏像の木炭デッサンを行い、基礎基本の力を養うために素描、クロッキーを継続して学び、卒業制作作品に向かいます。各専攻ごとに各自のテーマに沿って卒業制作作品を制作します。

英語コミュニケーション科

コミュニケーションで広がる世界

英語コミュニケーション科は、実践的なコミュニケーション能力(使える英語能力)を養成することで自己実現をはかり、国際的視野で考え、社会貢献できる人材を育成します。

学習内容

本科では、実践的な英語コミュニケーション能力の育成を重視し、ユニークな英語の授業を少人数で行っています。行事面でも校外英語研修・サマーセミナーなど、一人ひとりの目標に合った学習もしています。海外の高校生との交流も盛んで、外国からの留学生の受け入れ、オーストラリアにある姉妹校との交流を行っているほか、夏休みを利用しての海外語学研修プログラムも実施しています。

2年次コースを選んで進路希望実現へ!センター試験(5教科型)から、英国社型難関私立大学まで

Aコース 短大・専門学校向け

「ワープロ」「フードデザイン」など実用的な勉強も

Bコース 国公立・私立四年制大学向け

センター試験、私立文系など進学に対応

少人数クラスで達成感が得られる授業

英語の力に応じて無理なく学習を進めるために、少人数クラスで英語の授業をしています。高い英語の力を持っている人にはさらに高い目標を設定し、また英語が好きだけど伸び悩んでいる人にも、勉強方法のアドバイスによりサポートします。

オーストラリア研修で姉妹校と交流!

長期留学として海外の高校に一年間留学できます。
例年3〜4人留学しています。短期留学としてオーストラリア語学研修・姉妹校訪問15人。

英語コンテストで上位入賞の実力!

三重県スピーチコンテスト(1位)、鈴鹿国際大学スピーチコンテスト(1位)、皇學館大学スピーチコンテスト(特別賞)。洋楽翻訳選手権(佳作)。多くのコンテストに参加し入賞をめざします。

前のページにもどるページトップへ